2005/09/25 梅木窪野外談話室

 この日は毎月第4日曜日の午後に都立小山田緑地の梅木窪分園で行われている「梅木窪野外談話室」に参加したのですが、そのときに出会った生きものたちです。「梅木窪野外談話室」については「鶴見川源流ネットワーク」のホームページをごらんください。

 この日の自然観察会のテーマは赤とんぼだったのですが、あいにくの台風の接近で曇天の上、強風にもかかわらず、なんとか林の際で風を避けている主立った赤とんぼたちには出会うことができました。


●梅木窪奥の谷戸の風景

黄金色に染まった田んぼが秋を感じさせます。



●アサザ池から見た谷戸の風景

手前の池に広がる水草がアサザです。



●梅木窪水族館

その日の午前中に捕まえた魚やヤゴたちが展示されています。たくさんの生きものたちがここの流れに暮らしているのがわかります。



●ノダケ

通常花は濃い紫色をしているのですが、茎や葉と同じ緑のままです。初めて見ました。図鑑によるとまれに緑や白い花をつける個体があるようです。



●ユウガギク

この時期キクの仲間が目立ちます。



●カントウヨメナ

田んぼの消失とともに数を減らしている種類です。



●ノササゲとヤブマメ

この時期マメの仲間の花も目立ちます。
ノササゲ ヤブマメ


●ナツアカネとアキアカネ

胸の模様の違いがわかりますでしょうか。
ナツアカネ アキアカネ


●マユタテアカネの♀と♂

小山田周辺で♀の羽の先が黒く色付くのに対して、♂の羽は無色です。図鑑によると羽の色の付き方には地域差がかなりあるようです。


●クサキリの♀

肉食のキリギリス類は下手につかむと噛みつかれて痛い思いをするので持ち方もちょっと工夫が必要です。(^_^;)


●オオトリノフンダマシの親と卵嚢

卵嚢は初めて見ました。


●スズメガの仲間の幼虫

見た目で気持ち悪がる人が多いと思いますが、実はとってもキュート。鮮やか、かつ渋い模様もさることながらビロードのような柔らかな触り心地に思わず癒されます。



以上


戻る