2010/12/26 源流域の謎のサナエのヤゴ

Fさんが杉谷戸と新橋下流で捕まえたサナエspのヤゴを同定しました。

●杉谷戸

ダビドサナエ(サナエトンボ科 ダビドサナエ属 学名:Davidius nanus)

2匹持ち帰ったのですが、共食いを起こしたため1匹は検索表での同定は出来ませんでした。写真で判定したところ同じダビドサナエでした。

●新橋下流

ヒメクロサナエ(サナエトンボ科 ヒメクロサナエ属 学名:Lanthus fujiacus)

源流では初ではないでしょうか。
見た目はダビドサナエに似ていますが触角がシャモジ形をしているのが判別ポイントです。

ダビドサナエ(サナエトンボ科 ダビドサナエ属 学名:Davidius nanus)

杉谷戸の個体に比べ色が薄いですが体の形状は同じなので個体差と思われます。
ヒメクロサナエとの違いは触角が棒状であることです。

以上


戻る