2010/11/21 恩田川水辺談話室

この日は恩田川水辺談話室に参加しました。
恩田川水辺談話室というのは、鶴見川支流の恩田川の高瀬橋下流の親水広場を中心に、クリーンアップ、高水敷の草刈り、生きもの調査、見つかった生きものの展示をするミニ水族館などを行う活動で、毎月第3日曜日に14:00〜16:00に実施しています。

私は主に生きもの調査を担当しました。タモ網片手に生きもののいそうな場所をガサガサすると童心に帰ってストレス発散になりました。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

【活動場所】

親水広場
親水広場から高瀬橋を望む
高瀬橋上流の自然にできた高水敷
高水敷に掘った川の中の川。稚魚などの隠れ家になります。

【活動の様子】

アレチウリの駆除。爆発的に広がり在来の植物を被圧してしまう困り者で特定外来生物に指定されています。
地元の子供たちが生きもの調査に参加してくれました。
水槽を取り囲んで生きもの談義に花が咲きます。

【見つかった生きもの】

トウヨシノボリ(ハゼ科 ヨシノボリ属 学名:Rhinogobius sp. OR)

カワヨシノボリ(ハゼ科 ヨシノボリ属 学名:Rhinogobius flumineus)

本来は静岡県以西に分布しているのですが、生態系を考慮しない放流により鶴見川に入ってきました。繁殖力が強く在来のトウヨシノボリが数を減らしているので困った存在です。

ドジョウ(ドジョウ科 ドジョウ属 学名:Misgurnus anguillicaudatus)

ホトケドジョウ(ドジョウ科 ホトケドジョウ属 学名:Lefua echigonia)

アブラハヤ(コイ科 ウグイ亜科 ヒメハヤ属 学名:Phoxinus logowskii steindachneri)

メダカ(メダカ科 メダカ亜科 メダカ属 学名:Oryzias latipes)

ミゾレヌマエビ(ヌマエビ科 ヌマエビ亜科 ヒメヌマエビ属 学名:Caridina leucosticta)

アメリカザリガニ(ザリガニ科 アメリカザリガニ属 学名:Procambarus clarki)

カワニナ(カワニナ科 カワニナ属 学名:Semisulcospira libertina)

シロタニガワカゲロウ(ヒラタカゲロウ科 タニガワカゲロウ属 学名:Ecdyonurus yoshidae)(中央)
カゲロウsp(上)

シマイシビル(イシビル科 Erpobdella属 学名:Erpobdella lineata)

ガガンボsp

キセキレイ(セキレイ科 セキレイ属 学名:Motacilla cinerea)

カワセミ(カワセミ科 カワセミ亜科 カワセミ属 学名:Alcedo atthis)


戻る