2010/12/25 恩田川冬鳥調査

鶴見川流域ネットワーキング(TRネット)では毎年正月前後に流域全体で川沿いの冬鳥調査を行っています。
今日はそのうち支流の恩田川の恩田大橋〜都橋間の調査に参加しました。
カワセミやトビを除くタカ類には会えませんでしたが、100羽を超えるツグミの群れに出会ったり、珍客イソヒヨドリに会えたりして充実した鳥調査になりました。(冷たい強風には悩まされましたが... ^_^;)

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

川沿いの民家の庭にはえている立派なケヤキ。青空に映えます。

調査風景。

恩田の谷戸。

*** 出会った鳥たち(一部) ***

イソヒヨドリ(ツグミ科 イソヒヨドリ属 学名:Monticola solitarius)

今日一番のヒットです。

ツグミ(ツグミ科 ツグミ属 学名:Turdus naumanni)

移動中の群れに出くわしたようで柿の木に100羽を超える個体がいました。

スズメ(スズメ科 スズメ属 学名:Passer montanus)

ハクセキレイ(セキレイ科 セキレイ属 学名:Motacilla alba lugens)

他にセグロセキレイ、キセキレイが確認されました。

マガモ(カモ科 マガモ属 学名:Anas platyrhynchos)

カルガモ(カモ科 マガモ属 学名:Anas poecilorhyncha)

ヒドリガモ(カモ科 マガモ属 学名:Anas penelope)

1羽の雌を複数の雄が取り囲んでの求愛行動が見られました。

オナガガモ(カモ科 マガモ属 学名:Anas acuta)

コガモ(カモ科 マガモ属 学名:Anas crecca)

コサギ(サギ科 シラサギ属 学名:Egretta garzetta)

ダイサギ(サギ科 アオサギ属 学名:Ardea alba)

シラサギ属かと思いきやアオサギ属というのは意外でした。

オオセグロカモメ(カモメ科 カモメ属 学名:Larus schistisagus)

ユリカモメ(カモメ科 カモメ属 学名:Larus ridibundus)


以上


戻る