境川斜面緑地(2003/04/09)

JR横浜線町田駅から八王子方向に向かって横浜線と境川が交差するまでの区間の左岸に、相模原台地の端の斜面から境川の旧氾濫原へとつながる緑地が広がっています。(RELHAMさんのサイトをご覧になるとよくわかります
私は町田に用事があるとき、時間があれば古淵駅で降りてここを散策しながら行っています。

2003年4月9日に歩いたときに出会った生きものたちです。

緑地内の様子。木々の芽吹きに心が和みます。

ユリワサビ(アブラナ科 ワサビ属 学名:Wasabia tenuis)

川沿いの湿った森の木陰でよく見かけます。
不思議なことに尾根を越えた隣の流域である鶴見川ではまだ見たことがありません。


ニリンソウ(キンポウゲ科 イチリンソウ属 学名:Anemone flaccida)

ぼちぼち花が開きかけていました。


アミガサタケの仲間?

キノコには詳しくないのでどなたかフォローをお願いします。m(__)m


コクサギ(ミカン科 コクサギ属 学名:Orixa japonica)

よく見かけるのでなんだろうと思って調べてみるとコクサギでした。
ミカン科というのはちょっと意外。


ニワトコ(スイカズラ科 ニワトコ属 学名:Sambucus racemosa ssp. sieboldiana)

白くかわいい花をたくさんつけていました。
私に取っての逆ツボというのでしょうか。何度聞いてもなかなか覚えられない植物の一つです。(^_^;)
逆に、ツボにはまる生きものの名前はすぐに覚えられるのでけどね。人間の記憶の仕組みは不思議です。


以上


戻る