2005/09/09, 15 境川(淵野辺〜町田)


通院のついでに運動不足解消のために町田までの境川沿いを歩いたときに出会った生きものや風景です。

●オギ

オギ、ススキが穂をつけると秋が来たことを実感しますね。



●エノキグサ

葉っぱがエノキに似ているのでこの名が付きました。



●クサギ

クサギがまだ花を咲かせていました。臭いという意味での「クサギ」という名前ですが決してそんなことはなく、多少強いものの花は結構よい匂いで、私は好きです。



●オオニシキソウとコニシキソウ



●ヘクソカズラ

名前とその元となった匂いはちょっとアレですが、花はきれいでお気に入りの一つです。


●ヌルデ

川岸に生えていて、ちょうど遊歩道の高さで花を咲かせていました。ヌルデの花を間近に見るのは初めてです。ハチなどたくさんの虫たちがやってきていて、雰囲気がヤブガラシの花の感じに似ているなと思いました。



●ママコノシリヌグイ

不用意に触ると傷ができるほどの鋭いトゲが茎にたくさん付いているので要注意。


●ヤブミョウガ

まだ花を咲かせていました。鵜野森の斜面緑地には多数生えています。



●ハキダメギク

なんともかわいそうな名前が付けられていますが、クローズアップしてみるとなかなか可憐な花です。



●ヒヨドリジョウゴの花と実

昨年見つけたのですが調べるのがおっくうで放置していました。しかし今年も見かけてとても気になったので調べて見たらヒヨドリジョウゴでした。


●クズ

やたら蔓延って嫌われる植物ですが、花はきれいでとてもよい匂いです。



●ヒガンバナ

一輪だけ咲いていたのですが、とても鮮やかな朱色に心奪われます。



●ノアズキ

初めて見た植物です。町田駅の近くだったのですが、そんなところでも植物はたくましく生きているなと感じました。



●ノブキ

鵜野森の斜面緑地にたくさん生えています。右は種の写真です。


●ハグロソウ

どちらかというと山地に生える植物ですが、これも鵜野森の斜面緑地で見かける植物です。
キツネノマゴの仲間で、キツネノマゴを大きくしたような感じです。



●アカスジキンカメムシの幼虫

親もそうですが、幼虫も派手な模様をしていてとても目立ちます。



●ナツアカネ

見事に色づいた成熟した♂の個体です。



●ニラの花で吸蜜中のイチモンジセセリ、ヤマトシジミ、ハチの仲間

この時期ニラの花はさながら虫たちにとってはこの上ないレストランのようです。


●スッポン

ミシシッピーアカミミガメに混ざってスッポン(左)が日向ぼっこをしていました。



●コガモ

もう北から渡ってきていました。



●サギ類三種そろい踏み

コサギ、ダイサギ、アオサギ


●貴重植物も自生している鵜野森斜面緑地のマンション建設予定地に張り巡らされたフェンスとそれに伴って伐採された斜面

8月下旬に相模原市助役と業者の交渉が行われると書かれていましたが結果はどうなったでしょうか...


以上


戻る