2006/07/30 境川(淵野辺〜町田〜古淵)


この日は町田へ買い出しに行くのに、運動不足解消のために境川沿いに歩いて行きました。
その途中に出会った生きものたち(+α)です。

【植物編】

●ユウゲショウ

最近目立つようになった帰化植物です。



●ハグロソウ

分類上はキツネノマゴ科で、キツネノマゴを巨大にしたような感じです。

最近その自生地の周辺が宅地開発されちょっとブルーな気分。開発反対運動も起こり、行政も動いたのですが結局業者に負けてしまいました (;_;)



●ヤブマオ

ちょうど花が満開でした。



●ハエドクソウ

日陰で被写界深度を深くできなかったので出来はいまいち (-_-;)



●ヒヨドリジョウゴ

昨年図鑑を調べて名前を覚え、わかったときの嬉しさもあってお気に入りの植物の一つです。



●ミズタマソウ

花はもう終わりかけて、その名前の由来となった水玉のような丸い実を付けていました。



●ママコノシリヌグイ

名前もすごいですが、茎のトゲもすごく、素肌をうっかり擦ろうものなら傷だらけになります。



●クサギ

クサギが咲きはじめると夏本番の始まりを感じます。



●ヤブミョウガ

大きな群落があって、花を咲かせていました。



●アブラチャン

実を付けていました。



キツネノカミソリ

こちらも真夏を感じさせる花ですね。



【昆虫編】

●フタモンアシナガバチ

腹部の2つ目の節の黒い地に黄色い紋が2つあることから名付けられました。



●マメコガネ

このあたりでは一番よく見かけるコガネムシの仲間です。



●オジロアシナガゾウムシ

昆虫類は種類が多いため、これ一冊でという図鑑がなく、手持ちの図鑑ではわからなかったのですが、ネットで検索してようやく名前が分かりました。



●ナナホシテントウ

みなさんご存知、一番有名なテントウムシの仲間ですね。



●ニジュウヤホシテントウ

名前は子どもの頃から知っていましたが、実物を見たのは実は初めてです。



【鳥編】

●コサギ

黄色い靴下(笑)が特徴です。



●カルガモ親子

毎度ながら心が和みます。



【水棲動物編】

●スッポンとミシシッピーアカミミガメ

一緒にいるのがミシシッピーじゃなくて在来のイシガメかクサガメだといいんですけどね。



【その他(生きもの以外)編】

●境川クリーンアップ作戦

この日はちょうど境川クリーンアップ作戦が行われていました。暑い中ご苦労様です。



●役に立たない魚道

狭い魚道の入り口が落差のある場所のかなり下流にあるため、遡上する魚たちには魚道の入り口を見つけるのが困難です。入り口をそれた魚たちは落差の下まで行きますが、そこを上れなかった場合、下流へ戻って入り口を探すなどと言う高度な事はできません。従ってそこで足止めを食らったままになってしまいます。

魚の習性を考えずただつければいいという考えで作られた役に立たない魚道ですね。



以上


戻る