2012/04/08 山口(豪華三本立てに感激!)

この日は以前見つけたイチリンソウの群落の様子を見に行ったのですが、前を向いて自転車を漕いでいると視界の端を小さな紫の塊が横切りました。瞬間的にエンゴサクの仲間だと閃いて後戻りして確認したところビンゴ!、ヤマエンゴサクが一株咲いていました。夢中でその株の写真を撮っているときにふと顔を上げると初めて見る白い花が...葉っぱの形からカタバミの仲間だとわかり帰って調べて見るとミヤマカタバミでした。周辺を捜索するとどちらもかなり大きな群落をつくっており夢中で写真を撮りました。さらに帰り際こちらもふと頭を上に上げたら白い花が。こちらはアマナで、大好きで見て見たかった植物の一つです。
このようなわけでイチリンソウは変化なしでしたがヤマエンゴサク、ミヤマカタバミ、アマナの豪華三本立てで大満足の一日でした。

【鳥編】

ヒタキ科の一種?

【爬虫類編】

シマヘビの幼蛇(ナミヘビ科 ナメラ属 学名:Elaphe quadrivirgata)

成体とあまりに模様が違うので同定するのにちょっと手間取りました。

【虫編】

テングチョウ(タテハチョウ科 テングチョウ属 学名:Libythea celtis)

コツバメ(シジミチョウ科 コツバメ属 学名:Callophrys ferrea)

初めて見るシジミチョウの仲間です。渋い模様が気に入りました。

ルリタテハ(タテハチョウ科 ルリタテハ属 学名:Kaniska canace)

粘って見ましたが表面は見せてくれませんでした。

ミズスマシ(ミズスマシ科 ミズスマシ亜科 学名:Gyrinus japonicus)

ミズスマシのいる小さな池を見つけました。以前は近所のため池でもミズスマシを見ることができたのですが、最近姿を見なくなりました。生息場所が減少しているのでしょうね。

小さい上に素早く動き回るミズスマシを写真に収めるのは不可能なので写真の水面に波紋が広がっているのがわかるでしょうか? そこにミズスマシがいます。

【植物編】

カンアオイsp(ウマノスズクサ科 カンアオイ属)

ミヤマカタバミ(カタバミ科 カタバミ属 学名:Oxalis griffithii)

この日の大収穫の一つで初めて見ました。私好みの清楚な花で一目で気に入りました。

スゲsp(カヤツリグサ科 スゲ属)

ノアザミ(キク科 アザミ属 学名:Cirsium japonicum)

シロバナタンポポ(キク科 タンポポ属 学名:Taraxacum albidum)

キブシ(キブシ科 キブシ属 学名:Stachyurus praecox)

アズマイチゲ?(キンポウゲ科 イチリンソウ属 学名:Anemone raddeana)

イチリンソウ(キンポウゲ科 イチリンソウ属 学名:Anemone nikoensis)

前回来たときより変化なし。花が咲くのが楽しみです。

ウマノアシガタ(キンポウゲ科 キンポウゲ属 学名:Ranunculus japonicus)

今年初めて見た花を咲かせた株です。

サラシナショウマ(キンポウゲ科 サラシナショウマ属 学名:Cimicifuga simplex)

ヒメウズ(キンポウゲ科 ヒメウズ属 学名:Semiaquilegia adoxoides)

ヤマエンゴサク(ケシ科 キケマン属 学名:Corydalis lineariloba)

これもこの日の大収穫の一つ。鶴見川源流域で小さな群落を見たことがありますが、こんなに大きい群落は初めてです。ジロボウエンゴサクの群落も確認しているのでそちらの花も咲くのが楽しみです。

コスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola japonica)

コタチツボスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola grypoceras var. exilis)

シハイスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola violacea)

初めて見ました。紅色がとてもきれいです。

タチツボスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola grypoceras)

ナガバタチツボスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola ovato-oblonga)

アセビ(ツツジ科 アセビ属 学名:Pieris japonica)

ヤブツバキ(ツバキ科 ツバキ属 学名:Camellia japonica)

キジムシロ(バラ科 キジムシロ属 学名:Potentilla sprengeliana)

ヤナギsp(ヤナギ科 ヤナギ属)

ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科 ネコノメソウ属 学名:Chrysosplenium japonicum)

ユズリハ(ユズリハ科 ユズリハ属 学名:Daphniphyllum macropodum)

アマナ(ユリ科 アマナ属 学名:Tulipa edulis)

こちらもこの日の大収穫の一つ。2株しか確認していないのでもっと大きい群落がないか探して見たいです。

サイハイラン(ラン科 サイハイラン属 学名:Cremastra appendiculata)

シュンラン(ラン科 シュンラン属 学名:Cymbidium goeringii)

キクバヤマボクチ?

戻る