2012/04/15 山口

この日は以前見つけたイチリンソウとジロボウエンゴサクの群生地に花の様子を見に行ってきました。
まず以前見つけた細長い謎の両生類の卵塊の様子を確認に行ったのですが、卵塊に変化なし。またたくさんあったアカガエルの卵塊は消えていたのですが、おかしなことにオタマジャクシが全く見当たらず、そのかわりに下手の田んぼには小さくなった水たまりに多数のオタマジャクシがひしめき合っていました。
それから目的地に向かう途中でヤマルリソウの大きな株を発見。ヤマルリソウを始め、ムラサキ科のハナイバナやキュウウリグサの花はなぜか魅力的で大好きな花の一つなのでこの日の大きな収穫の一つでした。
この日の目的イチリンソウとヤマエンゴサクはたくさん花を付けており大満足でしたが、大きなサプライズが。一つは今まで図鑑の写真でしかお目にかかっていない憧れの植物ヒトリシズカに出会えたこと。しかも一つ二つではなく群落を形成していました。二つ目は紅色の変わった花を咲かせるイカリソウの群落に出会ったこと。こちらもヒトリシズカ同様初めて見る植物です。しかもイチリンソウ、ヒトリシズカ、イカリソウ、先日発見したスズシロソウが混在していて植物好きにはたまらない場所でした。
これで終わるかと思いきやもう一つ新発見が。ジロボウエンゴサクの群落の近くで花の形はスズシロソウに似ているが草丈がはるかに高いアブラナ科の植物を見つけました。帰って調べて見るとハクサンハタザオという植物が候補に上がり、スズシロソウとの違いを調べて見ました。結果はハクサンハタザオで確定。決定打は根生葉の形で、スズシロソウの根生葉はへら状で少し鋸歯がある程度ですが、ハクサンハタザオの根生葉は羽状に深く裂け独特な形をしています。
それを知って驚いたのは以前来たときはまだ葉っぱだけでヤブタビラコだろうと思ってそれほど気に留めていなかった群生していた植物がハクサンハタザオだったこと。今やハクサンハタザオの御花畑になっていました。
そんなこんなで新発見続きの楽しい自然観察ツーリングとなり大満足の一日でした。

大将山
快晴の青空に映えます。

【虫編】

テングチョウ(タテハチョウ科 テングチョウ属 学名:Libythea celtis)

ベニシジミ(シジミチョウ科 ベニシジミ属 学名:Lycaena phlaeas)

今年初めて出会いました。

ウヅキコモリグモ(コモリグモ科 オオアシコモリグモ属 学名:Pardosa astrigera)

【両生類編】

ヒキガエル or サンショウウオsp卵塊
前回(4月2日)

今回(4月15日)
まったく変化がありません。

ひしめき合うオタマジャクシたち。

【爬虫類編】

ニホンカナヘビ(カナヘビ科 カナヘビ属 学名:Takydromus tachydromoides)

【植物編】

オオバタネツケバナ(アブラナ科 タネツケバナ属 学名:Cardamine regeliana)

ジャニンジン(アブラナ科 タネツケバナ属 学名:Cardamine impatiens)

スズシロソウ(アブラナ科 ヤマハタザオ属 学名:Arabis flagellosa)

ハクサンハタザオ(アブラナ科 ヤマハタザオ属 学名:Arabis gemmifera)

この日の新発見の一つです。

カノコソウ(オミナエシ科 カノコソウ属 学名:Valeriana fauriei)

ツルカノコソウ(オミナエシ科 カノコソウ属 学名:Valeriana flaccidissima)

ノアザミ(キク科 アザミ属 学名:Cirsium japonicum)

シロバナタンポポ(キク科 タンポポ属 学名:Taraxacum albidum)

イチリンソウ(キンポウゲ科 イチリンソウ属 学名:Anemone nikoensis)

この日の主目的の一つ。きれいな花を咲かせていて安心しました。

アキカラマツ(キンポウゲ科 カラマツソウ属 学名:Thalictrum minus var. hypoleucum)

ウマノアシガタ(キンポウゲ科 キンポウゲ属 学名:Ranunculus japonicus)

ヒメウズ(キンポウゲ科 ヒメウズ属 学名:Semiaquilegia adoxoides)

ジロボウエンゴサク(ケシ科 キケマン属 学名:Corydalis decumbens)

この日のもう一つの主目的。ケシ科キケマン属好きの私にはたまりません。

ムラサキケマン(ケシ科 キケマン属 学名:Corydalis incisa)

満開の時期を迎えていました。

キバナアキギリ(シソ科 アキギリ属 学名:Salvia nipponica)

あちこちで芽を出していました。秋の花の時期が楽しみです。

オドリコソウ(シソ科 オドリコソウ属 学名:Lamium album var. barbatum)

ついに花を咲かせ始めました。

ヒメオドリコソウ(シソ科 オドリコソウ属 学名:Lamium purpureum)

ホトケノザ(シソ科 オドリコソウ属 学名:Lamium amplexicaule)

カキドオシ(シソ科 カキドオシ属  学名:Glechoma hederacea var. grandis)

キランソウ(シソ科 キランソウ属 学名:Ajuga decumbens)

ウグイスカグラ(スイカズラ科 スイカズラ属 学名:Lonicera gracilipes var. glabra)

オオタチツボスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola kusanoana)

コスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola japonica)

コタチツボスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola grypoceras var. exilis)

シハイスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola violacea)

スミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola mandshurica)

今年初めて見ました。

タチツボスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola grypoceras)

ナガバタチツボスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola ovato-oblonga)

ノジスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola yedoensis)

ヤブジラミ(セリ科 ヤブジラミ属 学名:Torilis japonica)

ついに花を咲かせ始めました。

ヒトリシズカ(センリョウ科 チャラン属 学名:Chloranthus japonicus)

この日一番の大発見。憧れの花に出会えて感動です。

アセビ(ツツジ科 アセビ属 学名:Pieris japonica)

新芽の芽吹き。

ヤブツバキ(ツバキ科 ツバキ属 学名:Camellia japonica)

クサイチゴ(バラ科 キイチゴ属 学名:Rubus hirsutus)

今年初めて見ました。

ヤマブキ(バラ科 ヤマブキ属 学名:Kerria japonica)

アラカシ(ブナ科 コナラ属 学名:Quercus glauca)

新芽の芽吹き。

マルバマンネングサ(ベンケイソウ科 マンネングサ属 学名:Sedum makinoi)

カスマグサ(マメ科 ソラマメ属 学名:Vicia tetrasperma)

ヤマルリソウ(ムラサキ科 ルリソウ属 学名:Omphalodes japonica)

こちら(山口)では初めての発見です。

イカリソウ(メギ科 イカリソウ属 学名:Epimedium grandiflorum var. thunbergianum)

こちらも予想外の新発見。思わず嬉しさが込み上げてきます。

ヤブコウジ(ヤブコウジ科 ヤブコウジ属 学名:Ardisia japonica)

ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科 ネコノメソウ属 学名:Chrysosplenium japonicum)

シュンラン(ラン科 シュンラン属 学名:Cymbidium goeringii)

マメヅタ(ウラボシ科 マメヅタ属 学名:Lemmaphyllum microphyllum)

ゼンマイ(ゼンマイ科 ゼンマイ属 学名:Osmunda japonica)

ツチグリsp

戻る