2012/05/04 山口(ニホンアカガエル発見)

この日にカメラ片手に田んぼの見回り中に出会った生きものたちです。この日の目玉は初めて見るクマイチゴ、キンモンガ、ヤコンオサムシとの出会い、こちらでは初めて見るニホンアカガエルとの出会いでした。乾田化が進んだ今、アカガエルやヒキガエルたちが繁殖活動に入る早春には田んぼにはまだ水が無く、数を減らしたのではないかと心配しているのでアカガエルに出会ったのは大きな収穫でした。

【虫編】

カワトンボsp(カワトンボ科 カワトンボ属)

キンモンガ(アゲハモドキガ科 キンモンガ属 学名:Psychostrophia melanargia)

初めて見ます。奥が深くてなかなか手が出せませんがガの仲間も個性的でいいですね。

ヤコンオサムシ(オサムシ科 オサムシ亜科 学名:Carabus yaconinus)

初めて見ます。同定時オオオサムシとヤコンオサムシが候補に上がりましたが紆余曲折の結果ヤコンオサムシとしました。

【両生類編】

シュレーゲルアオガエルの卵塊(アオガエル科 アオガエル属 学名:Rhacophorus schlegelii)

アマガエル(アマガエル科 アマガエル属 学名:Hyla japonica)

一匹一匹個性的でかわいくついつい撮ってしまいます。
個体1

個体2

個体3

個体4

個体5

ニホンアカガエル(アカガエル科 アカガエル属 学名:Rana japonica)

赤色の強い個体

普通の個体

ツチガエル(アカガエル科 アカガエル属 学名:Rana rugosa)

イモリ(イモリ科 トウヨウイモリ属 学名:Cynops pyrrhogaster)

【爬虫類編】

ニホンカナヘビ(カナヘビ科 カナヘビ属 学名:Takydromus tachydromoides)

【植物編】

ヨツバムグラ(アカネ科 ヤエムグラ属 学名:Galium trachyspermum)

小さい花が可憐で好きな植物の一つです。

オトギリソウ科?(オトギリソウ科?)

ノアザミ(キク科 アザミ属 学名:Cirsium japonicum)

ハハコグサ(キク科 ハハコグサ属 学名:Gnaphalium affine)

ウマノアシガタ(キンポウゲ科 キンポウゲ属 学名:Ranunculus japonicus)

キツネノボタン(キンポウゲ科 キンポウゲ属 学名:Ranunculus quelpaertensis)

タブノキ(クスノキ科 タブノキ属 学名:Machilus thunbergii)

ムラサキサギゴケ(ゴマノハグサ科 サギゴケ属 学名:Mazus miquelii)

恥ずかしながら最近までトキワハゼとの区別がつきませんでした (^_^;)

カラスビシャク(サトイモ科 ハンゲ属 学名:Pinellia ternate)

今年初めて見ました。

キランソウ(シソ科 キランソウ属 学名:Ajuga decumbens)

ガマズミ(スイカズラ科 ガマズミ属 学名:Viburnum dilatatum)

こちらでは少数派です。コバノガマズミやミヤマガマズミに比べて開花時期が遅いのですね。

ミヤマガマズミ(スイカズラ科 ガマズミ属 学名:Viburnum wrightii)

ノジスミレ(スミレ科 スミレ属 学名:Viola yedoensis)

タンナサワフタギ(ハイノキ科 ハイノキ属 学名:Symplocos coreana)

クマイチゴ(バラ科 キイチゴ属 学名:Rubus cratagifolius)

初めて見ます。図鑑を見ると実は食べられるそうなので、実が生るのが楽しみです。

オヘビイチゴ(バラ科 キジムシロ属 学名:Potentilla kleniana)

もうすぐ開花です。

ヘビイチゴ(バラ科 ヘビイチゴ属 学名:Duchesnea chrysantha)

大群落を形成していました。

コナラ(ブナ科 コナラ属 学名:Quercus serrata)

コモチマンネングサ(ベンケイソウ科 マンネングサ属 学名:Sedum bulbiferum)

ヤマフジ(マメ科 フジ属 学名:Wisteria barachybotrys)

コガクウツギ(ユキノシタ科 アジサイ属 学名:Hydrangea luteo- venosa)

アマドコロ(ユリ科 アマドコロ属 学名:Polygonatum odoratum)

戻る