2012/05/16 山口(ミツガシワを訪ねて)

この日は農道を北上したところにあるミツガシワの自生地に花を見に行ってきました。満開とは行きませんでしたが花は見頃を迎えていて、初めて見るきれいな花に一目で魅了されました。山口県内にはもう二ヶ所群生地があって、山口県のレッドデータでは絶滅危惧IA類に指定されています。そんな植物が自転車で行ける距離にあるのは嬉しいですね。他にもタチシオデやツタウルシなど初めて見る植物があったり、検索サイトを見つけたことで同定にある程度めどが立ったので虫なども撮影して種名まで至らなくても何の仲間かわかるようになったのでより身近に感じるようになったりして楽しい自然散策ツーリングとなりました。

【虫編】

カワトンボsp(カワトンボ科 カワトンボ属)

トビケラsp

ヒョウモンチョウ幼虫(タテハチョウ科 ヒョウモンチョウ属 学名:Brenthis daphne)

コチャバネセセリ(セセリチョウ科 コチャバネセセリ属 学名:Thoressa varia)

キンモンガ(アゲハモドキガ科 キンモンガ属 学名:Psychostrophia melanargia)

フタテンオエダシャク(シャクガ科 Chiasmia属 学名:Chiasmia defixaria)

ヤガ科エグリバ類

トラマルハナバチ(ミツバチ科 マルハナバチ属 学名:Bombus diversus
diversus)

クロマルハナバチといい、この時期花に集まるハチたちはかわいいですね。

ベッコウハナアブ(ハナアブ科 Volucella属 学名:Volucella jeddona)

ハチの仲間かと思って調べていたので見つからず質問サイトでアブの仲間と教えてもらいました。

ジョウカイボン(ジョウカイボン科 ジョウカイボン属 学名:Athemus suturellus)

カミキムシの仲間との区別がまだうまくできません (^_^;)

ヒメアシナガコガネ(コガネムシ科 ヒメアシナガコガネ属 学名:Ectinohoplia obducta)

小さなコガネムシの仲間はかわいいですね。

クロボシツツハムシ(ハムシ科 Cryptocephalus属 学名:Cryptocephalus signaticeps)

きれいでかわいいハムシです。

ヤコンオサムシ(オサムシ科 Carabus属 学名:Carabus yaconinus)

最近よく目に付くようになりました。

カメムシ科Eysarcoris属?の幼虫

エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科 Sastragala属 学名:Sastragala esakii)

ゴミグモ(コガネグモ科 ゴミグモ属 学名:Cyclosa octotuberculata)

こちらも最近よく目に付くようになりました。

カニグモ科カニグモ属

カニグモ属には何種類かいて、模様の変異が別種とかぶることがあるそうなので同定は困難だとのこと。

【両生類編】

アマガエル(アマガエル科 アマガエル属 学名:Hyla japonica)

ツチガエル(アカガエル科 アカガエル属 学名:Rana rugosa)

ニホンヒキガエルのオタマジャクシ(ヒキガエル科 ヒキガエル属 学名:Bufo japonicus)

久しぶりに見ました。足が生えているのでもうすぐ上陸のようです。

ニワゼキショウ(アヤメ科 ニワゼキショウ属 学名:Sisyrinchium atlanticum)

白色タイプ。

ツタウルシ(ウルシ科 ウルシ属 学名:Rhus ambigua)

初めて見ます。ウルシの仲間なので人によってはかぶれるそうですが、何も知らずに平気で葉に触りましたがかぶれずにすみました。

ヤマハゼ(ウルシ科 ウルシ属 学名:Rhus sylvestris)

エゴノキ(エゴノキ科 エゴノキ属 学名:Styrax japonica)

つぼみをつけていました。開花が楽しみです。

イロハモミジ(カエデ科 カエデ属 学名:Acer palmatum)

タニギキョウ(キキョウ科 タニギキョウ属 学名:Peracarpa carnosa var. circaeoides)

ノアザミ(キク科 アザミ属 学名:Cirsium japonicum)

コウゾリナ(キク科 コウゾリナ属 学名:Picris hieracioides)

ニガナ(キク科 ニガナ属 学名:Ixeris dentata)

ハナニガナ(キク科 ニガナ属 学名:Ixeris dentata var. albiflora forma. amplifolia)

ノゲシ(キク科 ノゲシ属 学名:Sonchus oleraceus)

ツルニチニチソウ(キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属 学名:Vinca major)

キツネノボタン(キンポウゲ科 キンポウゲ属 学名:Ranunculus silerifolius)

ケキツネノボタン(キンポウゲ科 キンポウゲ属 学名:Ranunculus cantoniensis)

アキグミ(グミ科 グミ属 学名:Elaeagnus umbellata)

コナスビ(サクラソウ科 オカトラノオ属 学名:Lysimachia japonica)

マムシグサ(サトイモ科 テンナンショウ属 学名:Arisaema serratum)

ウツボグサ(シソ科 ウツボグサ属 学名:Prunella vulgaris var. lilacina)

好きな植物の一つなので花が咲くのが楽しみです。

オドリコソウ(シソ科 オドリコソウ属 学名:Lamium album var. barbatum)

ツクシタツナミソウ(シソ科 タツナミソウ属 学名:Scutellaria kiusiana)

トウバナ(シソ科 トウバナ属 学名:Clinopodium gracile)

大群落を作っていました。

コバノガマズミ(スイカズラ科 ガマズミ属 学名:Viburnum erosum)

ヤブデマリ(スイカズラ科 ガマズミ属 学名:Viburnum plicatum)

フタリシズカ(センリョウ科 チャラン属 学名:Chloranthus serratus)

スイバ(タデ科 ギシギシ属 学名:Rumex acetosa)

雌雄異株ということを知らず、また花がたくさんついているものしか見たことが無かったのでこんなにまばらに花を付けている株を見て最初新しい植物かと思い検索に苦労しましたがわかってしまえば身近な植物でちょっと拍子抜けしました。

サワハコベ(ナデシコ科 ハコベ属 学名:Stellaria diversiflora)

ツルウメモドキ(ニシキギ科 ツルウメモドキ属 学名:Celastrus orbiculatus)

つぼみをつけていましたがもう花は終わっちゃったかな。

コマユミ(ニシシギ科 ニシシギ属 学名:Euonymus alatus)

ツリバナ(ニシシギ科 ニシシギ属 学名:Euonymus oxyphyllus)

タンナサワフタギ(ハイノキ科 ハイノキ属 学名:Symplocos coreana)

クサイチゴ(バラ科 キイチゴ属 学名:Rubus hirsutus)

ヒメハギ(ヒメハギ科 ヒメハギ属 学名:Polygala japonica)

カシワ(ブナ科 コナラ属 学名:Quercus dentata)

ツルマンネングサ(ベンケイソウ科 マンネングサ属 学名:Sedum sarmentosum)

シナサルナシ(マタタビ科 マタタビ属 学名:Actinidia chinensis)

昨年実を付けているのを初めて発見したので今年は花をぜひ見てみたいです。

ミツガシワ(ミツガシワ科 ミツガシワ属 学名:Menyanthes trifoliata)

この日の最大の目的。思った以上にきれいな花に魅了されました。

ミズタビラコ(ムラサキ科 キュウリグサ属 学名:Trigonotis brevipes)

コガクウツギ(ユキノシタ科 アジサイ属 学名:Hydrangea luteo-venosa)

ウツギ(ユキノシタ科 ウツギ属 学名:Deutzia crenata)

まだつぼみは固いようです。

ユズリハ(ユズリハ科 ユズリハ属 学名:Daphniphyllum macropodum)

ナルコユリ(ユリ科 アマドコロ属 学名:Polygonatum falcatum)

ミヤマナルコユリ(ユリ科 アマドコロ属 学名:Polygonatum lasianthum)

コバギボウシ(ユリ科 ギボウシ属 学名:Hosta allbo-marginata)

サルトリイバラ(ユリ科 シオデ属 学名:Smilax china)

実を付けていました。

シオデ(ユリ科 シオデ属 学名:Smilax riparia var. ussuriensis)

タチシオデ(ユリ科 シオデ属 学名:Smilax nipponica)

この日の新発見の一つです。

ノビル(ユリ科 ネギ属 学名:Allium macrostemon)

キンラン(ラン科 キンラン属 学名:Cephalanthera falcata)

フデリンドウ(リンドウ科 リンドウ属 学名:Gentiana zollingeri)

ヒカゲノカズラ(ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属 学名:Lycopodium clavatum)

胞子嚢穂を出していました。

戻る