2012/06/22 山口(カキラン発見、ムカシヤンマの産卵に遭遇!)

この日は自宅近くを通っている林道の様子を見に行きました。この日の目玉は何といっても先日遭遇しただけでも興奮物のムカシヤンマの産卵シーンの撮影に成功したことです。産卵時間が短いので何枚も撮って運良く1枚だけまともに撮れていました。他にカキラン、クモキリソウといったランの仲間の発見、前回つぼみだったヤマジノホトトギスの開花、開花の進んだ新しいオカトラノオの自生地の発見など距離的には短いのですが収穫の多い自然観察ツーリングとなりました。

【虫編】

ムカシヤンマ産卵(ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ属 学名:Tanypteryx pryeri)

水がじゅくじゅく滲み出す斜面にちょっと産んでは移動し、またちょっと産んでは移動する行動を繰り返していました。

ハラビロトンボ(トンボ科 ハラビロトンボ属 学名:Lyriothemis pachygastra)

最初真横からの撮影だったのでアカネの一種かなと思いました。

オオシオカラトンボ(トンボ科 シオカラトンボ属 学名:Orthetrum triangulare melania)

ホタルガ(マダラガ科 Pidorus属 学名:Pidorus glaucopis)

1枚撮影した後すぐに逃げられてしまいました。

ヒョウモンエダシャク(シャクガ科 Arichanna属 学名:Arichanna gaschkevitchii gaschkevitchii)

トンボエダシャク(シャクガ科 Cystidia属 学名:Cystidia stratonice)

シャクガ科sp

オオクモヘリカメムシ(ヘリカメムシ科 Anacanthocoris属 学名:Anacanthocoris striicornis)

コガネグモsp

腹面からの撮影だったので種の特定はできず残念。

【両生類編】

モリアオガエルの卵塊(アオガエル科 アオガエル属 学名:Rhacophorus arboreus)

まだ孵化は起こっていないようです。また、このため池にメダカが生息しているのを確認しました。

ニホンアカガエル(アカガエル科 アカガエル属 学名:Rana japonica)

【植物編】

イチヤクソウ(イチヤクソウ科 イチヤクソウ属 学名:Pyrola japonica)

クロモジ(クスノキ科 クロモジ属 学名:Lindera umbellata)

ヤマコウバシ(クスノキ科 クロモジ属 学名:Lindera glauca)

ノグルミ(クルミ科 ノグルミ属 学名:Platycarya strobilacea)

初めて見ます。羽状複葉なのでウルシかミカンの仲間かなと思ったのですがネットで調べてクルミの仲間と判明。頭の中からクルミ科が抜け落ちていました。

オカトラノオ(サクラソウ科 オカトラノオ属 学名:Lysimachia clethroides)

開花の進んだ株を発見しました。

ウツボグサ(シソ科 ウツボグサ属 学名:Prunella vulgaris var. lilacina)

ホナガナツハゼ(ツツジ科 スノキ属 学名:Vaccinium sieboldii)

ヤマツツジ(ツツジ科 ツツジ属 学名:Rhododendrom obtusum)

ドクダミ(ドクダミ科 ドクダミ属 学名:Houttuynia cordata)

ハエドクソウ(ハエドクソウ科 ハエドクソウ属 学名:Phryma leptostachya)

花が小さく花穂も細長いのでマニュアルフォーカスで撮りましたがあまりうまく撮れませんでした。

ナワシロイチゴ(バラ科 キイチゴ属 学名:Rubus parvifolius)

ノイバラ(バラ科 バラ属 学名:Rosa multiflora)

ヒルムシロ(ヒルムシロ科 ヒルムシロ属 学名:Potamogeton distinctus)

ゴンズイ(ミツバウツギ科 ゴンズイ属 学名:Euscaphis japonica)

ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属 学名:Phytolacca americana)

つぼみをつけていました。

ウツギ(ユキノシタ科 ウツギ属 学名:Deutzia crenata)

サルトリイバラ(ユリ科 シオデ属 学名:Smilax china)

ヤマジノホトトギス(ユリ科 ホトトギス属 学名:Tricyrtis affinis)

前回はつぼみだったのでヤマホトトギスかヤマジノホトトギスかわからなかったのですが、この日は花が咲いていたのでヤマジノホトトギスと判明。

ササユリ(ユリ科 ユリ属 学名:Lilium japonicum)

カキラン(ラン科 カキラン属 学名:Epipactis thunbergii)

初めての発見。最初葉のつき方からユリ科の植物かと思いましたが、帰って調べてみるとランの仲間でした。かつて鶴見川源流域にたくさん生えていたという話を聞いていたので感慨深いものがあります。

クモキリソウ(ラン科 クモキリソウ属 学名:Liparis kumokiri)

初めて見るランの仲間。薄暗い場所だったのであまりきれいに撮れなかったのが残念です。

戻る