2012/07/10 山口(マタタビ実る、シナサルナシの新しい雌株発見)

この日は農道を北上し、帰りは高佐からキャンプ場へ寄ってマタタビの実の確認をして帰るというコースを走ってきました。この日の目玉はマタタビの実を初めて見ることができたのはもちろんですが、キウイの原種であるシナサルナシの2ヶ所目の雌株の自生地を発見したことです。他にも昨年から是非みたいと思っていたシソ科のクルマバナを見ることができたり、アキノタムラソウの開花、ダイコンソウの開花、リョウブの開花、オトギリソウの仲間3種を発見できたことなどいろいろ盛りだくさんの一日でした。

【虫編】

マユタテアカネ(トンボ科 アカネ属 学名:Sympetrum eroticum eroticum)

今シーズン初めての出会いです。

ノシメトンボ(トンボ科 アカネ属 学名:Sympetrum infuscatum)

ルリタテハ(タテハチョウ科 ルリタテハ属 学名:Kaniska canace)

春先ろくに撮れなかったので斜めからですが撮ることが出来て嬉しかったです。

キリギリスsp幼虫

キリギリスsp幼虫

マメコガネ(コガネムシ科 マメコガネ属 学名:Popillia japonica)

小さなコガネムシの仲間はかわいくて大好きです。

チュウガタシロカネグモ(アシナガグモ科 シロカネグモ属 学名:Leucauge blauda)

なかなかかっこよいクモです。

【両生類編】

シュレーゲルアオガエル(アオガエル科 アオガエル属 学名:Rhacophorus schlegelii)

手乗りシュレーゲルアオガエル(笑)

ニホンアカガエル(アカガエル科 アカガエル属 学名:Rana japonica)

ヤマアカガエルには残念ながらまだ出会えていません。

【植物編】

ヘクソカズラ(アカネ科 ヘクソカズラ属 学名:Paederia scandens)

今シーズン初めての開花の確認です。

ミズユキノシタ(アカバナ科 チョウジタデ属 学名:Ludwigia ovalis)

アケビ(アケビ科 アケビ属 学名:Akebia quinata)

実を付けている株を見るのは珍しいです。秋まで無事に育って味わえるといいですが。

コアジサイ(アジサイ科 アジサイ属 学名:Hydrangea hirta)

花が終わり実を付けていました。

アリノトウグサ(アリノトウグサ科 アリノトウグサ属 学名:Haloragis micrantha)

ほんとに小さい花です。

エゴノキ(エゴノキ科 エゴノキ属 学名:Styrax japonica)

オトギリソウ(オトギリソウ科 オトギリソウ属 学名:Hypericum erectum)

開花しているのを見たのは初めてで、ちょっと感動です。

コケオトギリ(オトギリソウ科 オトギリソウ属 学名:Hypericum laxum)

小さな植物好きにはたまらない植物です。

サワオトギリ(オトギリソウ科 オトギリソウ属 学名:Hypericum pseudopetiolatum)

ノブキ(キク科 ノブキ属 学名:Adenocaulon himalaicum)

ヒヨドリバナ(キク科 ヒヨドリバナ属 学名:Eupatorium chinense)

アキカラマツ(キンポウゲ科 カラマツソウ属 学名:Thalictrum minus var. hypoleucum)

キツネノボタン(キンポウゲ科 キンポウゲ属 学名:Ranunculus quelpaertensis)

ムラサキシキブ(クマツヅラ科 ムラサキシキブ属 学名:Callicarpa japonica)

コウゾ(クワ科 コウゾ属 学名:Broussonetia kazinoki)

実がきれいに色づいていました。

オカトラノオ(サクラソウ科 オカトラノオ属 学名:Lysimachia clethroides)

アキノタムラソウ(シソ科 アキギリ属 学名:Salvia japonica)

今シーズン開花した株を見つけたのは初めてです。シソ科の仲間好きにはたまりません。

ウツボグサ(シソ科 ウツボグサ属 学名:Prunella vulgaris var. lilacina)

結構花期が長いのですね。

クルマバナ(シソ科 トウバナ属 学名:Clinopodium chinense var. parviflorum)

昨年は枯れた後の残骸しか見れなかったので花を咲かせているのを見ることが出来て良かったです。

ミヤマガマズミ(スイカズラ科 ガマズミ属 学名:Viburnum wrightii)

実が鈴なりです。

ミツバ(セリ科 ミツバ属 学名:Cryptotaenia japonica)

ナツハゼ(ツツジ科 スノキ属 学名:Vaccinium oldhami)

ツヅラフジ(ツヅラフジ科 ツヅラフジ属 学名:Sinomenium acutum)

Yahoo!知恵袋で質問してようやく名前がわかったのですが、ツヅラフジの仲間はアオツヅラフジしか見たことがなく、しかも葉の小さい個体だけなので手のひら大の葉でエビヅルに似た花穂をつけているこの植物がツヅラフジの仲間という発想はありませんでした。

ヒサカキ(ツバキ科 ヒサカキ属 学名:Eurya japonica)

アカメガシワ(トウダイグサ科 アカメガシワ属 学名:Mallotus japonicus)

雄株

アメリカイヌホオズキ(ナス科 ナス属 学名:Solanum americanum)

今シーズン初めての確認です。

ノミノフスマ(ナデシコ科 ハコベ属 学名:Stellaria alsine var. undulata)

ツルウメモドキ(ニシキギ科 ツルウメモドキ属 学名:Celastrus orbiculatus)

ナワシロイチゴ(バラ科 キイチゴ属 学名:Rubus parvifolius)

ダイコンソウ(バラ科 ダイコンソウ属 学名:Geum japonicum)

ダイコンソウというと以前鶴見川流域のホトケドジョウ調査をしたとき谷戸の林床に濃い黄色の花を咲かせた植物をよく見かけたのを思い出します。その時は調査優先でその植物については調べませんでしたが、今思えばあれはダイコンソウだったのですね。そんな訳でちょっと思い入れのある植物です。

ノブドウ(ブドウ科 ノブドウ属 学名:Ampelopsis brevipedunculata var. heterophylla)

エビヅル(ブドウ科 ブドウ属 学名:Vitis ficifolia)

葉っぱの形や大きさの個体差が大きくて同定にちょっと手間取る植物の一つです。

シバグリ(ブナ科 クリ属 学名:Castanea crenata)

小さな実を付けていました。

サルナシ(マタタビ科 マタタビ属 学名:Actinidia arguta)

草刈りで実のついた茎がかなり切り取られちょっと残念。

シナサルナシ(マタタビ科 マタタビ属 学名:Actinidia chinensis)

こちらは草刈りのおかげで株全体が見渡せるようになり、丹念に見ていったら実を付けているのを発見。これで2ヶ所目のシナサルナシの雌株の発見になり嬉しいですね。

マタタビ(マタタビ科 マタタビ属 学名:Actinidia polygama)

仲間のサルナシに比べて面白い形の実が意外でした。

サネカズラ(マツブサ科 サネカズラ属 学名:Kadsura japonica)

つぼみをつけていました。昨年秋実はたくさん見たので花を見るのが目標です。

コマツナギ(マメ科 コマツナギ属 学名:Indigofera pseudo-tinctoria)

ネムノキ(マメ科 ネムノキ属 学名:Albizia julibrissin)

ヤマハギ(マメ科 ハギ属 学名:Lespedeza bicolor var. japonica)

イヌザンショウ(ミカン科 イヌザンショウ属 学名:Fagara mantchurica)

イボタノキ(モクセイ科 イボタノキ属 学名:Ligustrum obtusifolium)

ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属 学名:Phytolacca americana)

実を付けていました。

コガクウツギ(ユキノシタ科 アジサイ属 学名:Hydrangea luteo-venosa)

オオバギボウシ(ユリ科 ギボウシ属 学名:Hosta montana)

今シーズン初めての開花の確認。つぼみとの形態のギャップが面白いです。

つぼみの個体。

開花した個体。

シオデ(ユリ科 シオデ属 学名:Smilax riparia var. ussuriensis)

花が咲き始めました。

ヤマジノホトトギス(ユリ科 ホトトギス属 学名:Tricyrtis affinis)

ヤブカンゾウ(ユリ科 ワスレグサ属 学名:Hemerocallis fulva var. kwanso)

リョウブ(リョウブ科 リョウブ属 学名:Clethra barbinervis)

ようやく花を咲かせ始めました。

戻る