2012/07/15 山口(オオキツネノカミソリ発見、ノギラン咲く)

この日は春先ヒトリシズカとイチリンソウが群生していた場所に何か新しい植物が生えていないか見に行ってきました。その場所に着いて見回してみるとヒガンバナの仲間が咲いていました。この時期だとキツネノカミソリが思い浮かぶのですが、鶴見川源流域で見たキツネノカミソリと何か感じが違うのです。まず花が一回り大きいこと。つぎに花びらがこんなに広がっていないこと。帰って図鑑で調べたところ「オオキツネノカミソリ」と判明。キツネノカミソリとの大きな違いは一回り大きいことと雄しべと雌しべが花弁より前に突き出していることだそうです。この場所は春先のヒトリシズカに始まり季節ごとに新しい植物が顔を出しお気に入りの場所になりました。他にもずっとつぼみのままでやきもきしていたノギランがやっと開花していたり、ギボウシの仲間が咲いていたりと盛りだくさんの自然観察ツーリングとなりました。

【虫編】

ハグロトンボ(カワトンボ科 アオハダトンボ属 学名:Calopteryx atrata)

蔵目喜川沿いを走る旧道は車の通行もほとんどなく、自転車で通るとあちこちからハグロトンボが飛び出し乱舞状態でした。

ドクガ(ドクガ科 ドクガ属 学名:Euproctis subflava)

苦手な人には悲鳴物ですが色合いがとっても渋いです。

【植物編】

ウリノキ(ウリノキ科 ウリノキ属 学名:Alangium platanifolium var. trilobum)

葉はウリハダカエデに似ているので今まで特に意識していませんでしたが近寄ってみるとカエデ類とは違う実がついていたので調べてみたらウリノキと判明。決定的な証拠は独特の実の形でした。

ヒヨドリバナ(キク科 ヒヨドリバナ属 学名:Eupatorium chinense)

もう開花していました。

ヒレアザミ(キク科 ヒレアザミ属 学名:Carduus crispus)

名前の由来である茎についている翼が特徴です。

ヤブレガサ(キク科 ヤブレガサ属 学名:Syneilesis palmata)

ハンショウヅル(キンポウゲ科 センニンソウ属 学名:Clematis japonica)

秋になって成熟した実を見るのが楽しみです。

ボタンヅル(キンポウゲ科 センニンソウ属 学名:Clematis apiifolia)

つぼみをつけていましたがほとんどブレた写真ばかりでまあ許せるのはこの一枚でした。ボタンヅルの株はあちこちにあるので開花が楽しみです。

ヤマコウバシ(クスノキ科 クロモジ属 学名:Lindera glauca)

クサギ(クマツヅラ科 クサギ属 学名:Clerodendrum trichotomum)

つぼみをつけていました。

シロバナモウズイカ(ゴマノハグサ科 モウズイカ属 学名:Verbascum blattaria forma albiflora)

何の仲間かわからず図鑑総当たりをしても該当する種はなくネットで質問してようやく名前がわかりました。モウズイカとあるようにビロードモウズイカの仲間でゴマノハグサ科の植物です。ビロードモウズイカは知っていましたがこの種も含め花の形からはゴマノハグサ科とは思えませんでした。

アキノタムラソウ(シソ科 アキギリ属 学名:Salvia japonica)

風で揺れてなかなかうまく撮影できず。風が止む気配がないのであきらめて先に進みました。

ヤブデマリ(スイカズラ科 ガマズミ属 学名:Viburnum plicatum var. tomentosum)

きれいに色づいていました。

ツクバネウツギ(スイカズラ科 ツクバネウツギ属 学名:Abelia spathulata)

ソバ(タデ科 ソバ属 学名:Fagopyrum esculentum)

満開を迎えていました。小さな白い花がきれいです。

ツヅラフジ(ツヅラフジ科 ツヅラフジ属 学名:Sinomenium acutum)

最近名前を覚えた植物。満開を迎えていました。秋に実が生るのが楽しみですね。

チャノキ(ツバキ科 ツバキ属 学名:Camellia sinensis)

コマユミ(ニシシギ科 ニシシギ属 学名:Euonymus alatus)

タンナサワフタギ(ハイノキ科 ハイノキ属 学名:Symplocos coreana)

実を付けていました。秋には黒く色づきます。

ダイコンソウ(バラ科 ダイコンソウ属 学名:Geum japonicum)

オオキツネノカミソリ(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 学名:Lycoris sanguinea Maxim. var. kiushiana Makino)

この日一番の発見。春先のヒトリシズカに始まり季節ごとに新しい植物が現れるこの場所は次はどんな植物が現れるか楽しみです。

ノブドウ(ブドウ科 ノブドウ属 学名:Ampelopsis glandulosa var. heterophylla)

花が咲いていました。

ヤブガラシ(ブドウ科 ヤブガラシ属 学名:Cayratia japonica)

蔓延ると厄介な植物ですが、花が咲くといろいろな虫がやってきて面白いです。

マルバマンネングサ(ベンケイソウ科 マンネングサ属 学名:Sedum makinoi)

満開状態でした。

ソヨゴ(モチノキ科 モチノキ属 学名:Ilex pedunculosa)

秋になって色づいた実を見るのが楽しみです。

オニドコロ(ヤマノイモ科 ヤマノイモ属 学名:Dioscorea tokoro)

つぼみをつけていました。

オオバギボウシ(ユリ科 ギボウシ属 学名:Hosta montana)

まだ未熟なつぼみと開花した状態のギャップが面白いですね。

つぼみの状態。

開花した状態。

コバノギボウシ(ユリ科 ギボウシ属 学名:Hosta albo-marginata)

オオバギボウシはよく見かけるのですが、コバノギボウシが開花しているのを見るのは初めてです。

サルトリイバラ(ユリ科 シオデ属 学名:Smilax china)

ジャノヒゲ(ユリ科 ジャノヒゲ属 学名:Ophiopogon japonicus)

ノギラン(ユリ科 ノギラン属 学名:Metanarthecium luteo-viride)

ついに開花。思った以上に可憐な花で一目ぼれ。よく似た葉のショウジョウバカマと混生しているのが面白いです。

ヤブカンゾウ(ユリ科 ワスレグサ属 学名:Hemerocallis fulva var. kwanso)

オオバノトンボソウ(ラン科 ツレサギソウ属 学名:Platanthera minor)

トンボソウとの区別は茎に稜があればオオバノトンボソウとのこと。

戻る