2012/08/16 山口(シラヤマギク、タカサゴユリ咲く)

この日はオオキツネノカミソリの群落のあった場所までとその周辺を回ってきました。この日の目玉はシラヤマギク、シロヨメナという晩夏から咲き始めるキクの仲間が咲いているのを見つけたことと、こちらも晩夏に咲くタカサゴユリ、シンテッポウユリが咲いているのを見つけたことです。ちなみにタカサゴユリは台湾原産の帰化植物でシンテッポウユリは在来(南西諸島および九州南部が原産)のテッポウユリとタカサゴユリとの交雑種だそうです。両方共通の特徴は葉がとても細長いことで、違う点はタカサゴユリが花筒の外側に赤褐色の縞があるのに対してシンテッポウユリは真っ白なことです。その他にも初めて見る植物があったりして楽しい自然観察ツーリングとなりました。

【虫編】

ホソヘリカメムシ(ホソヘリカメムシ科 Riptortus属 学名:Riptortus clavatus)

ネット上の図鑑のおかげで虫の名前が調べやすくなり以前より写真に撮りやすくなりました。

アシナガバチspの巣

シオヤアブ(ムシヒキアブ科 プロマクス属 学名:Promachus yesonicus)

山口に帰ってきてからは初めての遭遇です。小さなハエを抱えているので食事中かな?

ジョロウグモ(アシナガグモ科 ジョロウグモ属 学名:Nephila clavata)

ジョロウグモが目立つ季節になりました。

【植物編】

チヂミザサ(イネ科 チヂミザサ属 学名:Oplismenus undulatifolius)

今シーズン初めての開花確認です。

コミヤマミズ(イラクサ科 ミズ属 学名:Pilea pseudopetiolaris)

初めて見る植物です。小さな花が渋くていいですね。

カラスウリ(ウリ科 カラスウリ属 学名:Trichosanthes cucumeroides)

コケオトギリ(オトギリソウ科 オトギリソウ属 学名:Hypericum laxum)

シデシャジン(キキョウ科 シデシャジン属 学名:Asyneuma japonicum)

サイヨウシャジン(キキョウ科 ツリガネニンジン属 学名:Adenophora triphylla var. triphylla)

ガンクビソウ(キク科 ガンクビソウ属 学名:Carpesium divaricatum)

シラヤマギク(キク科 シオン属 学名:Aster scaber)

今シーズン初めての開花確認。何だか嬉しいです。

シロヨメナ(キク科 シオン属 学名:Aster ageratoides ssp. leiophyllus)

今シーズン初めての開花確認です。似たような種類が多いので同定にちょっと手こずりました。

ベニバナボロギク(キク科 ベニバナボロギク属 学名:Crassocephalum crepidioides)

キツネノマゴ(キツネノマゴ科 キツネノマゴ属 学名:Justicia procumbens var. leucantha)

ハグロソウ(キツネノマゴ科 ハグロソウ属 学名:Peristrophe japonica)

センニンソウ(キンポウゲ科 センニンソウ属 学名:Clematis terniflora)

山口に帰ってきてからは初めての確認です。同属のボタンヅルはたくさん生えているのですが、センニンソウはまだこの一株しか見つけていません。

ボタンヅル(キンポウゲ科 センニンソウ属 学名:Clematis apiifolia)

前回来たときより開花が進んでいました。

クサギ(クマツヅラ科 クサギ属 学名:Clerodendrum trichotomum)

クマヤナギ(クロウメモドキ科 クマヤナギ属 学名:Berchemia racemosa)

今年になって初めて見つけた植物です。花もとてもかわいくていいですね。

アキノタムラソウ(シソ科 アキギリ属 学名:Salvia japonica)

ウツボグサ(シソ科 ウツボグサ属 学名:Prunella vulgaris var. lilacina)

まだ咲いていました。花期が長いのですね。この個体は淡い色でとてもきれいですね。

イヌトウバナ(シソ科 トウバナ属 学名:Clinopodium micranthum)

今シーズン初めての開花確認です。

ソクズ(スイカズラ科 ニワトコ属 学名:Sambucus chinensis)

先日初めて見つけた植物ですが、花が咲いていなかったからわからなかっただけで割とそこら中に生えているようです。

カノツメソウ(セリ科 カノツメソウ属 学名:Spuriopmpinella calycine)

前回来たときはつぼみでしたが今回は花を咲かせていました。

ママコノシリヌグイ(タデ科 タデ属 学名:Polygonum senticosum)

ミズヒキ(タデ科 ミズヒキ属 学名:Antenoron filiforme)

アオツヅラフジ(ツヅラフジ科 アオツヅラフジ属 学名:Cocculus trilobus)

ツヅラフジ(ツヅラフジ科 ツヅラフジ属 学名:Sinomenium acutum)

花を咲かせていました。

カワラナデシコ(ナデシコ科 ナデシコ属 学名:Dianthus superbus var. longicalycinus)

フユイチゴ(バラ科 キイチゴ属 学名:Rubus buergeri)

キンミズヒキ(バラ科 キンミズヒキ属 学名:Agrimonia pilosa var. japonica)

ダイコンソウ(バラ科 ダイコンソウ属 学名:Geum japonicum)

オオキツネノカミソリ(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 学名:Lycoris sanguinea Maxim. var. kiushiana Makino)

キツネノカミソリ(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 学名:Lycoris sanguinea)

ヒルガオ(ヒルガオ科 ヒルガオ属 学名:Calystegia japonica)

ノブドウ(ブドウ科 ノブドウ属 学名:Ampelopsis glandulosa var. heterophylla)

花と実が混在していました。

ヤブガラシ(ブドウ科 ヤブガラシ属 学名:Cayratia japonica)

クズ(マメ科 クズ属 学名:Pueraria lobata )

マツカゼソウ(ミカン科 マツカゼソウ属 学名:Boenninghausenia japonica)

昨年秋花の終わった株は見たのですが花を見るのは初めてです。

ナンテン(メギ科 ナンテン属 学名:Nandina domestica)

ヤマノイモ(ヤマノイモ科 ヤマノイモ属 学名:Dioscorea japonica)

ヤブラン(ユリ科 ヤブラン属 学名:Liriope muscari)

シンテッポウユリ(ユリ科 ユリ属 学名:Lilium x formolongo)

今まで葉っぱの細いユリはすべてタカサゴユリと思っていたのでテッポウユリとの交雑種があるとわかりまた一つ勉強になりました。

タカサゴユリ(ユリ科 ユリ属 学名:Lilium formosanum)

花筒の外側の赤褐色の縞が特徴です。

戻る