自己紹介

名前 山根 健
ハンドル グース
パソコン通信を始めた頃、成人後生きものに再び興味を持つきっかけとなったローレンツの著書「ソロモンの指輪」の中のガンたちの話が好きで、そこから付けました。
生まれ 1964年 山口県(阿武川支流蔵目喜川流域)
現住所 神奈川県相模原市(境川流域)

※住所の後に流域名をつけているのは、岸由二氏(慶応大学教授)の著書「リバーネーム」に共感し、自分が住んでいる場所が人間の都合により区切られた行政区分ではなく、水循環や生きものたちの行き来の基本となる大地のデコボコのつながりのどのあたりであるかを意識するためです。
仕事 Win/Unixを中心としたプログラマ(プログラマ=コーダーではない)
趣味 自然(生きものの賑わい)観察、野山(薮こぎ上等)や川、池、湿地など水辺を歩くこと、
プログラミングを中心にコンピュータ全般
生きもの調査用に、投網も下手なりに少し打てます。
最近古墳時代の前あたり〜鎌倉時代にかけての歴史に興味を持ち始めました。
パソコン歴 20年近く前、Intel CPUを載せた国産マシンでCP/M, MS-DOSをしばらく使っていましたが、生来ひねくれ者の私は何か違うものをと模索していた時にMacintosh Plusに出会い、そのGUIによる操作性と設計理念に惚れ込み、以来Macintoshを使い続けています。
現在所有しているマシンは以下の通りです。

 Mac mini (Core 2 Duo, 2.26GHz)・・・ メイン、Win Vista、Linuxマシン
 MacBook Pro 15inch (Core 2 Duo, 2.53GHz)・・・ バックアップ、Win XP、Win 7マシン
 自作Win機 (Athlon X2 4200+)

WinマシンおいてもIntelのプロセッサを選択しないのは私の性格によるものです。車には興味は無いのですが、もし買うなら絶対トヨタ車は買わないと思います。そんな性格です。

最近IT系メディアがIntel Architecture(IA)以外のCPUアーキテクチャを「proprietary」だといって先は無いという書き方でIAヨイショの提灯記事ばかり書いてますが、コンピュータ用語ではなく生態系や太陽系というような意味での「システム(系)」において、特定の企業やアーキテクチャで寡占化され多様性を失うことは、生態系においてそのような状況が、あるきっかけで一瞬に絶滅してしまうリスクを抱え込むことになるように、とても危険なことだと感じています。(目先のTCOとの天秤なのでしょうが...)
コストは多少かかっても多様性を保つということは必要なことだと思います。

●モノカルチャーの危険性:
実際、MS Blastが猛威を振るったとき、NewYork Timesのある支局ではWindowsを使用したシステムが全滅し、Macを使用していた編集システムのほうは稼働していて、支局全体の全滅は免れたそうです。(2004/07/18追記)

参加活動 生きもの好きの私は、癒しや恵みをくれる自然や生きものたちに搾取するだけではなく何か恩返しはできないかと、以下のような活動に参加しています。(最近体調不良でサボリぎみですが...(;_;)、関係者にご迷惑をおかけしており申し訳ありません m(__)m)

鶴見川源流ネットワーク
わんどの会
鶴見川流域ネットワーキング(TRネット)
いるか丘陵ネットワーク
横浜自然観察の森友の会




HOMEへ戻る